高麗人参のチカラ

高麗人参の疲労回復効果!高麗人参と疲労の関係を徹底解説!

疲労はどうやって起こるのか

疲労には2種類あります。

これらの疲労は、日常生活を送る上で「ストレス」を受けることで、感じるようになります。

身体的疲労と精神的疲労は、このような生活習慣による負荷が原因です。

疲労のメカニズム

では、生活習慣の負担がどのように疲労につながるのでしょうか。

人間は生命維持に必要なエネルギーを得るために、酸素を消費しています。
その過程で、酸素の一部が「活性酸素」と呼ばれる状態に変化することがあります。
この活性酸素は、「抗酸化作用」と呼ばれる作用によって、すみやかに消去されます。

しかし、日常生活で過労や人間関係などが原因でストレスは発生します。
過度なストレスによって、酸素から活性酸素に変換される量が多くなり、抗酸化作用の働きが許容量を超えてしまいます。
抗酸化作用で消去できなかった余剰な活性酸素によって、細胞損傷、細胞機能低下がもたらされます。

この細胞損傷や細胞の機能低下が、疲労の正体です。
高麗人参は、この疲労を効果的に阻止することができます。

疲労の原因であるストレスや活性酸素には高麗人参が効く

高麗人参が疲労を防ぎ、疲労回復効果をもたらすプロセスは2つあります。

この2つのプロセスについて説明していきます。

疲労回復プロセス1:活性酸素を消去する抗酸化作用強化

高麗人参には、疲労の原因となる活性酸素を消去する抗酸化作用を強める働きがあります。
同志社大学大学院、生命医科学研究科の市川教授らの研究によると、高麗人参にはこの抗酸化作用があり、活性酸素の消去能力が高まると照明されています。

日常生活のストレスによって、活性酸素の量が多くなり、抗酸化作用の処理が追いつかなくなっていても、この高麗人参の抗酸化作用が活性酸素の処理をサポートします。

結果、活性酸素の減少につながり、細胞損傷、細胞機能低下を防ぎます。
細胞へのダメージを防ぎ、細胞が回復する作用を促進することで、疲労回復効果につなげることができます。

疲労回復プロセス2:過度なストレスによる体への影響を緩和

疲労の大元の原因である、ストレスを緩和するプロセスです。
高麗人参は脳の機能に働きかけることで、副腎皮質ホルモンの量を調節します。

この副腎皮質ホルモンは、ストレスをコントロールする作用があります。
高麗人参はこの副腎ホルモンの量を最適な状態に改善する作用を持ち、副腎皮質ホルモンの働きを正常に保つことができます。
副腎皮質ホルモン量が正常値ならば、効果的にストレスを緩和させることができます。

高麗人参はこのようにして、疲労の大元の原因であるストレスを緩和させることができるのです。

まとめ

疲労の原因を辿ると、2つのポイントが見つかります。

高麗人参はこのどちらにも作用して疲労を防ぐことで、疲労回復効果を促進します。

ページのトップへ戻る