高麗人参のチカラ

高麗人参の記憶力への効果はバツグン!絶対に摂取すべき理由

記憶力が低下する原因

記憶力が低下する原因の中には、次のようなものがあります。

高麗人参は、これらの記憶力低下の原因に対して、効果的に働きかけることがわかっています。

高麗人参の記憶力改善効果

高麗人参が記憶力の低下の原因に働きかける効果は次の2つです。

この2つについて解説していきます。

海馬の機能低下を防止

脳の海馬には生命維持に必要な情報を記憶するために、整理整頓する働きがあります。
高麗人参の効果はこの海馬の働きを、過度なストレスから守る効果です。

まず、高麗人参は脳に働きかけることで、「副腎皮質ホルモン」と呼ばれるホルモンを調節します。

この副腎皮質ホルモンには、免疫や代謝に関わる重要な働きがあります。
しかし、過度なストレスで副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されると、海馬を萎縮させてしまい、記憶力の低下など悪影響を及ぼしてしまいます。
このように副腎皮質ホルモンは、ストレスの量で効果が変わってしまうのです。

高麗人参にはこの副腎ホルモンのバランスを改善する効果があり、副腎皮質ホルモンの働きを正常に戻すことができるのです。
高麗人参は、副腎皮質ホルモンの量が正常値に戻すことで、海馬の萎縮を防ぎ、記憶力の維持をサポートします。

血液や神経を調整し、脳の働きを改善

高麗人参による記憶力の改善効果には、高麗人参の「ジンセノサイド」という成分も活躍します。
ジンセノサイドは高麗人参などに含まれる成分で、体に対してさまざまな健康的な作用があります。
さまざまな健康的な作用のうち、記憶力の向上に影響するものは次の2つです。

この2つの作用について説明していきます。

ジンセノサイドの作用1:脳の血行促進

高麗人参の「抗血栓作用」は、脳の血管が詰まってしまうことを防げます。
抗血栓作用とは、血小板の過剰な働きを抑えて、血栓ができにくくする作用です。
この作用によって血栓ができにくくすることで、脳の血管が詰まってしまうことを防ぎます。
脳に送り届ける血液を改善することで脳の血流を増やし、記憶力の維持につなげることが期待できます。

ジンセノサイドの作用2:記憶に関係する神経伝達物質の分泌

高麗人参のジンセノサイドには神経伝達物質にも働きかけて、記憶力の改善を促進します。

1999年の科学技術振興事業団の公表では、高麗人参などに含まれるジンセノサイドは、神経伝達物質である「アセチルコリン」を含む細胞を活性化させる作用があるとされています。
また、2013年の山口大学の研究では、このアセチルコリンには神経の興奮や抑制をサポートする効果があり、脳の学習機能の向上が期待できるとされています。

高麗人参のジンセノサイドは、脳の機能に関係するアセチルコリンの分泌を活性化させることで記憶力の改善を促すことができるのです。

まとめ

記憶力が低下する原因の中には、次のようなものがあります。

高麗人参が記憶力の低下の原因に働きかける効果は次の2つです。

このように高麗人参は、脳の機能を改善することで記憶力を向上させていく効果があります。
記憶力の低下でお悩みを抱えているならば、この高麗人参による対策は必須でしょう。

ページのトップへ戻る