高麗人参のチカラ

高麗人参の更年期障害の症状改善効果!自律神経との関係も!

更年期障害の原因と症状

高麗人参の効果は、ホルモンを調整による更年期障害症状の改善です。
はじめに、更年期障害の原因と症状についておさらいしておきましょう。

女性ホルモンは、脳の機能に関与し、自律神経をコントロールする働きがあります。
更年期障害の原因は、この女性ホルモンの減少による「自律神経の不調」です。

性成熟期には、女性の健康と美容を維持するために必要な女性ホルモンが順調に作られています。
しかし、閉経が近づき、更年期を迎えると卵巣機能が低下し、女性ホルモンを十分に作ることができなくなります。
女性ホルモンが減少すると、自律神経のコントロールが困難になり、「自律神経失調症」のような症状が現れます。
これが更年期障害です。

更年期障害の症状を列挙します。

症状の重さには個人差があります。
40代に入り、上記のような症状が現れたら更年期障害を疑っても良いかもしれません。
更年期を迎えなくても、過度なストレスや生活習慣が原因で女性ホルモンが減少すると、上記のような症状が現れる可能性もあります。

高麗人参の成分には、脳や神経に作用することで、このような更年期障害の症状を予防、改善する効果があります。

高麗人参が更年期障害に働きかけるしくみ!高麗人参の効果

高麗人参ならば、更年期障害の症状を改善できます。
高麗人参には、更年期障害の要因となる自律神経の乱れを改善する効果があるためです。

その高麗人参に含まれる「ジンセノサイド」が自律神経に働きかけることで、更年期障害の症状を改善していきます。
自律神経でのジンセノサイドの役割は次の2つです。

女性ホルモンが減少すると、この交感神経と副交感神経の働きのバランス維持が困難になります。
このバランスの乱れによって、さきほどの更年期障害の症状が現れてきます。
高麗人参のジンセノサイドは、自律神経の乱れに対して働きかけ、交感神経と副交感神経の双方の働きを促進することでうまくバランスを調整することができます。

このように、高麗人参の成分が自律神経のバランスを調整することによって、更年期障害の症状を改善していきます。

まとめ

更年期障害の原因は、女性ホルモンの減少による「自律神経の不調」です。
更年期障害では、自律神経失調症にも似た症状が現れます。
高麗人参に含まれるジンセノサイドが自律神経に働きかけることで、更年期障害の症状を改善していく効果が期待できるのです。

ページのトップへ戻る